ひとりオンラインビジネスの備忘録

MailchimpよりMailerLiteを選んだ理由

メール配信サービスをどこにするか色々調べると

「Mailchimp(メールチンプ)」の評判がよさげなので、海外のレビューを調べていたら「MailerLite」というメール配信システムを発見!

ザックリと調べたかぎりですと、無料プランがなかなか素晴らしい!

ということでMailerLiteとMailchimpの違いについて調べたことを備忘録として残しておきます。

【結論】私はMailerLiteをまずは選んでみた

なんといっても決定打は

「MailerLiteは無料でステップメールが使える」ことですね。

「Mailchimp」は2020年ぐらいまでは無料でステップメールが使えていたようですが、今は有料プランとなっています。

これが決定打になり、MailerLiteを選びました。

その他のポイントも見ていきましょう!

無料でクリック分岐ができる

MailerLiteは無料でもクリック分岐が可能です。

この機能があると、興味がある人にだけセールスを行えることが可能になります。

「こんな商品があるんですが、興味がある人いますか?」と。

「興味がある人はクリックして下さい。クリックした人にのみ商品についてのメールを送ります。」

なんてことが出来るんですよね。

Mailchimpでは無料ではできないですね。

「Mailchimp」は重複リスト分も料金が発生する

これ、全く知らんかったです…(^^;

例えばですが、グループAのAさんをクリック分岐でグループBに移行した場合、グループAのAさんとグループBのAさん、同一人物ですが、この場合は2リスト分としてMailchimpでは料金請求されます。

これでは将来的にコストがグッと上がってします…!

MailerLiteは1登録での料金請求なので、Aさんが複数のグループにまたいで存在したとしても、1リスト分としてカウントされます。

うむ、安心ですね。

無料で登録できるリスト数

MailerLiteは1000リストまで無料。

Mailchimpは2000リストまで無料。

これだけですと、メールチンプに軍配が上がりますよね。

ただ、先ほど記述した通り、重複分も料金発生のことを考えると少し魅力が落ちますね~。

月12000件のメール送信まで無料

MailerLiteは月12000件の配信まで無料。

Mailchimpは月10000件の配信まで無料。

これはMailerLiteに軍配が上がりましたね!

初めてステップメールを組むならMailerLiteはガチでおすすめ

Mailchimpは海外では有名で、世界1位のメール配信システムといっても過言ではないと思いやす。

ただ…リスト0の私みたいな人はまずはMailerLiteで十分かなと思いますね。

ステップメールとクリック分岐が出来れば最低限の自動化は組めるので。

あとはクリックファネルなどをおいおい導入していけばいいのかなと今現段階では思っていますね。

海外のメール配信システムを使うと、日本のメール配信システムはなかなか周回遅れ感半端ないな…と思ってしまいます。

MailerLiteには登録したばかりなので、色々いじって使いこなせていくぜぃ!

それもオンライン講座のコンテンツになりますしね!(^▽^)

ということで、今回はこの辺で!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter